投稿日:2023年2月6日

橋梁架設工事で使われる3つの工法を紹介!

こんにちは!東京都江東区を拠点に、全国各地で活動している金子建設株式会社と申します!
弊社は、半世紀にわたり、橋梁架設工事や足場組立などの鳶職作業を行なっている会社です。
今回は、橋梁仮設工事をするときに使われる3つの工法をご紹介します。
橋梁架設工事は、インフラを支える非常に重要なものですが、かなり特殊な部分もあります。
橋梁特殊工を志す方は、現場工事をイメージしながら、参考にしてください!
ぜひ、最後までご覧ください!

クレーンベント工法

解説
クレーンベント工法は「少ない設備」と「短い工期」で終わらせられるのが特徴で、
最も一般的な工法です。
まずは、移動式のトラックで「ベント」と呼ばれる仮の設備を立てて、橋桁を支えます。
その後、運ばれてきた橋桁をトラックで吊り上げて、ベントの上に乗せます。
乗せた橋桁をボルトや溶接を使用して、連結後にベントを解体して完了です。

ケーブルエレクション工法(直吊・斜吊)

ケーブルエレクション工法は、桁下に川があるときなど、ベントが設置できない場合に使われる工法です。
左右に鉄塔設備を移動式クレーンなどで設置して、「直吊り設備」と「ケーブルクレーン」を準備します。
準備ができたらケーブルクレーンで架設部材を吊り、直吊り設備の受け梁で支えながら架設します。
この工法は難易度が高く、設備の知識、風量計算などの高度な技術が必要です。

送り出し工法

送り出し工法は、河川や道路、鉄道などがあって、桁下にトラッククレーンが設置できないときに使われる工法です。
架設現場に隣接して、橋桁と手延機(送り出す機械)を組み立てるだけのスペースが必要になります。
まず、隣接した場所で「ベント」を組み立て、その上に「主桁」と「手延機」を組み立てます。
その後、組み立てた「主桁」を送り出し装置で所定の位置まで送り出し、手延機を解体して終了です。

【求人】新規スタッフ募集中!

リクルート空
東京都江東区を拠点に橋梁架設工事を行っている弊社では、工事に携わっていただけるスタッフを積極的に求人募集しています。
橋梁特殊工として、橋梁架設工事に関する作業を行っていただきます。
橋梁架設工事は、体力が必要な大変な作業ですが、地域同士をつなぎ止め、町を豊かにする人と人との心もつなぐ、とてもやりがいのある仕事です。
ご応募は、経験者の方や 各種資格をお持ちの方はもちろん、業界未経験の方でも大歓迎です!
未経験の方には、業界歴何十年の大ベテランスタッフが、知識と経験を直接伝授していますので、安心してご応募ください。
未経験の方にはベテランスタッフが一から丁寧に指導していますので、安心してご応募ください。
仕事の幅を広げるための各種資格については、その取得費用を弊社が負担し、より早く一人前の職人になれるようサポートします。資格取得支援制度
風通しの良い職場環境で、幅広い年齢層のスタッフが在籍しておりますので、困りごとがあれば気軽にご相談いただけますよ。
弊社では「働きやすい環境づくり」を追求し、社員のワークライフバランスを重視する方針のもと
また、弊社では、各種社会保険の完備はもちろんのこと、育児休業や介護休業などの福利厚生制度も充実しています。安心して働いてもらえるための、仕組みづくりを弊社は決して怠りません。残業は月平均5時間程度、有給休暇や連休の取得なども柔軟に対応しています。
確かな価値を提供できる会社として、私たちは日々前進してまいります。
あなたも社会貢献度の高く、ワークライフバランスを確保できるのが魅力の弊社で働いてみませんか?(新しい環境をスタートしてみませんか?)(安定した未来を手に入れませんか?)
しっかりとした技術を身につけて、橋梁仮設工事を支える存在として活躍しませんか?
ぜひ、皆様からのご応募をお待ちしております!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

橋梁工事なら東京都江東区の金子建設株式会社
ただいま鳶職の求人募集中です!
〒135-0013 東京都江東区千田11-10
電話:03-3647-2370 FAX:03-3647-2385
※営業電話お断り

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

令和03年

令和03年

新東名高速道路 新駒門東第一高架橋他2橋 R2関東技術応急組立橋 点検整備業務 妙高大橋架架替工事 …

平成18年

平成18年

舟通し横断配管橋架設工事 HM13工区(1)上部・橋脚工事 日暮里・舎人線高野駅建築工事 川崎フェリ …

平成27年

平成27年

首都圏中央連絡自動車道 門沢橋 名取中央高架橋上部工工事 堀切小菅JCT間改良上部・橋脚工事 圏央道 …

最近の投稿

2023/03/24

【求人】鳶職人を大募集!

2022/03/25

令和03年

2022/03/25

令和02年

2022/03/25

平成31年・令和元年

2022/03/25

平成30年