業務案内

江東区の金子建設株式会社は、全国各地で橋梁架設工事を営むとび土工・鋼構造物工事業者です。昭和46年創業の豊富な実績を携え、持ち前の高い技術力については、これまで多数のメディアさまに取り上げていただきました。
ほかにも橋梁の補修・補強や解体・撤去も手がけることで、私たちはより利便性の高い社会の実現に向け、日々貢献してまいります。

鋼橋の架設工事

鋼橋の架設工事は弊社の主力事業です。
現地へ搬入された橋梁部材を重機などを使用して、組み上げていきます。架設にあたってはクレーンベント工法や送り出し工法、ケーブルエレクション(直吊・斜吊)工法など、さまざまな種類の工法を駆使して作業を進めていきます。また安全管理には最大限に配慮し、万が一にも事故を起こさない現場づくりに努めています。
人と人とを新たにつないでいく橋梁架設の仕事を、私たちは誇りを胸に日々取り組んでおります。

補修・補強工事

橋は一度架ければずっと利用できるというものではありません。風雨や自然災害に晒されるなかで劣化は進みます。また車が走行するという特性上、構造物には常に負荷がかかるため、メンテナンスを怠れば重大な災害が発生する可能性もあります。

日頃から利用されている方々はもちろんのこと、ご協力いただいた周辺地域の皆さま、そして工事に携わった多くの方々のためにも、私たちは心をこめて鋼桁の腐食・疲労対策、長寿命化に向けた補強や補修、改築などに携わっています。

解体・撤去工事

不要になったり老朽化が著しくなったりして役目を終えた橋梁については、解体・撤去が行なわれます。
当然ながら、ただバラバラにして持ち去ればいいという訳はなく、その工程には緻密な計算や計画とともに、高度な専門知識を有した熟練の作業員の経験も必要とされ、抜群のチームワークで工事を行ないます。
橋梁を架け、守り、そして撤去する。私たちはこの一連の工程を請け負うことで、人やモノの流れを現場から支えています。