徹底的に安全な現場づくり

無事故で工事を終えること、それは“「人」を大切に”をモットーに掲げる弊社として、必ず達成し続けなければなりません。従業員の安全を守ることは、会社にとって欠かせないことであるのはもちろん、工期遵守や信頼性確保の観点からも有益であり、かつ企業倫理として達成しなければならないことです。
「朝礼時の危険箇所の共有」「夏場などは送風機付きの空調服を支給し熱中症予防」「安全帯など必要な器具の定期的な点検・交換」といった取り組みを通して、従業員を危険から守り、また現場の安全を守るべく努力を重ねています。
現場に立つ職人たちが働きやすい環境を提供すること、それこそがヒューマンエラーの防止につながり、結果的に一番の安全管理になるものと考えます。

厚い信頼を上回る高い施工品質

発注者さま、元請けさま、そして将来的にご利用いただくたくさんの方々に安心していただける施工を実現するには、品質の面でも不断の努力を行なう必要があります。
弊社が長年の実績のなかで培った高度な技術力は、これまで複数のメディアさまに取材をしていただきました。みなさまよりお寄せいただいている信頼をより確固たるものとすべく、私たちの品質への追求が終わることはありません。
豊富な経験を有するベテラン技術者を多数そろえ、プロの目からみても完璧な施工を常に目指しています。また施工中の養生や、現場指揮者による工程管理の徹底など、あらゆる努力を重ねてみなさまのご期待にお応えしてまいります。

伝統と未来をつなぐ“架け橋”へ

半世紀近い年月をかけて積み上げてきた数々の実績と、職人たちが受け継いてきた確かな技術は、弊社の誇りでありアイデンティティでもあります。しかし「金子建設ならやってくれる!」というみなさまのご期待に応え続けるためには、それらの資産や技能を大いに活かし、社会へ還元していく姿勢こそが重要です。
私たちは最新の技術を貪欲に取り入れ、時代の流れを機敏に読み取り、未来志向のもと長きにわたり愛される橋梁づくりに尽力いたします。そして弊社の何よりもの財産である「腕の良い職人たち」が存分に力を発揮できる環境を整え、私たち自身が“人と人との関係をつなぐ架け橋”として社会に貢献いたします。